ローディング

BLOG
ブログ

2019.08.26

命を救うARドローン技術

命を救うARドローン技術

拡張現実技術を搭載したドローンを使用して、緊急事態に対処することができます。

様々なIoTを利用して天気を予測

元々ARビデオゲーム拡張ソフトウェアとして設立されたEdgybeesは、その後、緊急時対応者に正確な情報をリアルタイムで提供するために、地理空間データを収集し、ビデオフィードに情報をオーバーレイするレスキュードローンテクノロジーに特化するようになりました。
道路名、個々の場所、重要なポイントなどのデータをリアルタイムのビデオ映像にオーバーレイすることで、このソリューションは、危機的な状況の緊急対応者に情報を提供することができるため、命を救う手助けが可能です。
また、緊急対応組織のプロのドローンユーザー向けのファーストレスポンスコマンドアンドコントロールシステムは、米国、オーストラリア、ヨーロッパ、イスラエルの70を超える組織ですでに運用されています。

ARDroneGIF1

ARDroneGIF2

災害現場で活躍する馬型ロボット

さらに開発が進み、地震から津波まで、あらゆる種類の災害救助状況で緊急対応者にリアルタイムで重要な情報を提供することにより、救助者は犠牲者に到達するために貴重な数分、数時間、さらには数日も節約でき、自分の安全を損なうことなく救助活動を行なうことができるようになるはずです。ドローンはいろいろな規制があり、ユーザーの使用方法について問われるようなニュースもありますが、このように使い方を間違えなければ人の命を救うことができる画期的なものであることを改めて認識することが出来ました。

参考:命を救うARドローン技術

Category AR システム