ローディング

BLOG
ブログ

  • 2019.08.21

    災害管理を改善する「I-REACT」

    災害の前と最中に市民とコミュニケーションを取り、住民の自己防衛行動を促進することは、災害管理における大きな課題です。 洪水や山火事などの災害がおきた際、どのような行動をすべきか分からずに戸惑う人が多く混乱が起きることは容 […]

  • 2019.08.19

    地震が来たらシェルターに変わる地震用救命ベッド

    中国に住む開発者は、四川省で起きた大地震がきっかけで地震を感知してシェルターに変化する救命ベッドを開発しました。 センサーが地震の揺れを感知 このベッドは地震の揺れをセンサーが感知すると、自動でマットレス部分が開き寝てい […]

  • 2019.08.09

    火災現場で炎の向こう側が可視化できるシステム

    防災に関する世界の取り組みを紹介していきます。 第26回は火災現場で役立つ可視システムの開発について紹介します。 アメリカの国立標準技術研究所(NIST)の研究者は、青色のライトを使用して大規模な天然ガス火災に巻き込まれ […]

  • 2019.08.08

    洪水を予測する”新たな天気予報”

    防災に関する世界の取り組みを紹介していきます。 第25回は、世界が注目の天気予報システム紹介します。 ボストンとテルアビブを拠点とするスタートアップ「ClimaCell」は、IoTなどのさまざまな方法で気候データを取得す […]

  • 2019.08.06

    AIを使って災害を予測

    防災に関する世界の取り組みを紹介していきます。 第23回はカナダの大学で開発されている、あらゆる災害を予測するAIを紹介します。 カナダのアルバータ大学のでは、AIを使用して世界中の自然災害や人災を予測する研究がなされて […]

  • 2019.08.02

    超低周波音で自然現象を感知「Raspberry Boom」

    防災に関する世界の取り組みを紹介していきます。 第21回は超低周波音を検知し災害を予測するホームモニターを紹介します。 超低周波音で自然災害を察知 超低周波音とは、人間の聴覚の範囲(約20Hz)を下回る音を指します。それ […]

  • 2019.07.31

    AIが戦争被害への意識を高める

    防災に関する世界の取り組みを紹介していきます。 第19回は災害が置きた世界を見ることができるAIツール「Deep Empathy」を紹介します。 MIT(マサチューセッツ工科大学)とユニセフは、戦争で荒廃した地域の厳しい […]

  • 2019.07.29

    NASAが発表した災害状況の衛星データマップ

    防災に関する世界の取り組みを紹介していきます。 第17回はNASAが発表したインドネシア大津波の衛星データ分析について紹介します。 インドネシア・スラウェシ島で2018年9月28日(金)に発生したマグニチュード7.5の地 […]

  • 2019.07.24

    オーストラリア赤十字社が防災アプリ開発

    防災に関する世界の取り組みを紹介していきます。 第14回は災害時に役立つアプリを紹介します。 オーストラリア赤十字社は度重なる被害を受け、人々が自然災害に備えるための新しい方法を開発しました。 災害時にすべきこと教えてく […]