ローディング

BLOG
ブログ

2020.03.18

子供と離れているときの震災に、シェルターに変わるバックパック

子供と離れているときの震災に、シェルターに変わるバックパック

地震は、揺れにほとんど気づかないものから沢山の命を奪う大規模なものまで、世界中の様々な場所で毎日起こっています。子どもを持つ方が最も心配なのは、お子さんの安全ではないでしょうか。特に一緒にいない時間の安全面はとても心配だと思います。今回は、そのような子どもの安全を考えて設計された子ども用のリュックをご紹介します。

シェルターに変身するバックパック

Lylo Packはアメリカで考えられた子ども用のリュックです。こちらはただのリュックではなく、地震の危険を感知するとリュックの4面から脚が伸び、シェルターへと変わります。またアプリとも連動しており、バックパックがある場所から子どもの居場所を特定でき、バックパックがシェルターとして作動した場合も通知を受け取ることができます。

子どもとの普段の遊びや会話に防災の知識を取り入れて

今回は、地震発生を感知するとシェルターに変わる子ども用バックパック「LyloPack」 をご紹介しました。とてもユニークなアイデアで、アプリとも連動していることから親子間で安全を確認し合えることができるので安心です。しかし震災時はネットが使えなくなることがほとんどなので、オフライン環境でこのような安全把握などができるといいですね。災害について知識のない小さな子には、どのように避難や防災を教えるかが大変重要となってきます。お子さんも楽しめる形で災害時の行動や避難場所などを教えてあげられると印象に残りやすいのではないでしょうか。普段の遊びや会話に、防災に関することも取り入れられるといいですね。

参照:https://www.zarayujungchen.com/strategic-design/lylo

Category 防災グッズ