ローディング

BLOG
ブログ

2019.11.05

ご近所さんが素早く報告「全国災害状況点検サービス」開始

ご近所さんが素早く報告「全国災害状況点検サービス」開始

災害時の企業側で起こりうる問題をご近所さんの力を借りて解決するサービス開始の事例について紹介します。
リアルタイム&位置情報による情報収集アプリ「ご近所ワークlite(ライト)」は
災害によって破損した物件(企業が運営・管理)などの損害状況を近所の方に情報提供してもらうサービスを開始しました。
実際に台風19号後の被害報告に利用された実例もあります。

災害時の企業の課題

190717_01

災害時、企業では人手不足などの原因により物件の被害状況の確認遅れや、対象地域を全て確認できない
また、社員が被害地域に移動することによって諸経費が発生したり、他の業務が遅延してしまうなどの問題点がありました。
しかし、企業の社員ではなく近くに住む方などに情報収集と確認をしていただくことにより、
企業側が迅速に対応が可能になることなどの問題点の解決を目指したサービスです。

期待される効果

このサービスを利用し被害地域や近所に住まわれている方の力を借りることによって、
素早く被害状況の確認が可能になり移動の諸経費を抑えることが可能になります。
また、情報提供者は簡単に撮影報告ができるだけでなくお小遣い稼ぎ(1ポイント1円)として
活用することができる点がメリットです。

幅広い活用場面

このサービスは災害だけでなく、様々な点検やチェック業務、そしてリサーチとして活用することができ
企業には経費削減、情報提供者にはお小遣い稼ぎとしてメリットがあります。
サービスが広まることで効率的に確認点検、また業務をこなせる助けになるといいですね。

台風19号後の被害度合を、近所の人が素早く報告~ご近所ワークで「全国災害状況点検サービス」開始~

Category システム