ローディング

BLOG
ブログ

2019.11.14

航空画像を使用したオーストリアの災害対応演習

航空画像を使用したオーストリアの災害対応演習

ドイツ航空宇宙センターがリアルタイムの空中画像を生成し、位置検出と救助に不可欠なサポートを提供。
オーストリアで実施された災害対応演習の事例を紹介します。

オーストリアでの災害対応演習

ヨーロッパでの地震発生数は多いようです。欧州連合のドライバプロジェクトは
危機管理能力の強化を目的として、オーストリアのある地域で災害対応演習が行われました。
オーストリアでの大規模なテストは、ボランティアの管理とサポートの潜在的な欠点を
克服するための問題解決方法の特定とテストに主に焦点を合わせて行われたそうです。
リアルタイムの航空写真により、災害後の地上の状況を迅速かつ正確な判断が可能。
目標を定め、適切な救援活動を効率的に計画できるみたいです。

空と地上の連携

無人航空機システムが航空画像を撮影。緊急時や救助チームを危険にさらすことなく
アクセスが困難な地域の飛行が可能な為、災害発生時という目的に対して、特に効果的であることが証明されています。
要求は現在の状況、たとえば近くの航空交通・天気・視界・ミッション目標等を
考慮してリアルタイムで飛行経路に変換され、無人航空機システムによって自動的に飛行されます。
地上の運用管理者が画像を利用する際、地図上で関心のあるエリアを識別、要求して無人機に送信が可能。
被害の程度を測定し、救助隊を調整し、負傷者または行方不明者を捜索することができるみたいです。

世界各国での災害対応演習

オーストリア以外の国でも試験が実施されているようです。
自然災害は世界各国、発生する地域の状況によっては被害が拡大する可能性もあると思います。
世界各国で大規模なテストが行われることで、世界中の危機管理に携わる人の助けに繋がると良いですね。

参考:https://www.airmedandrescue.com/latest/news/successful-earthquake-disaster-response-exercise-austria

Category 世界の防災対策